このブログを見ても競馬で勝てるようにはなりません。

このブログは競馬予想のためのブログではないので、見ても競馬で勝てるようにはなりません。

競馬の予想とは関係ないところの情報ばかりを書いていて、ちょっとだけ競馬に詳しくなれたりはするかもしれませんが、基本的にはどーでもいいことばかりです。

楽して競馬で勝ちたいのであれば競馬予想会社を利用するのが手っ取り早いのではないでしょうか?
その為にはまず、どの会社が良いのかを調べる為に競馬予想会社口コミを確認することが必須になります。
この部分に関してもここには、書かれいません。。

当ブログはそんな誰得?なブログです。

競走馬の近況:ドゥラメンテ、ラストインパクトなど

ドゥラメンテ、中山記念で復帰予定

昨年の皐月賞、ダービーのクラシック2冠を制した後、両前脚の骨折で休養していたドゥラメンテが19日、美浦トレセンに帰厩した。
17日に放牧先の北海道安平町にあるノーザンファームを出発し、福島県のノーザンファーム天栄を経由して19日朝に美浦に到着。
帯同したノーザンファームの林宏樹調教主任は「輸送はうまくいきました」と話した。
翌20日には馬場入りし、坂路とダートコースで軽めの調整を行った。
復帰戦として検討されている中山記念に向けて、橋本調教助手は「特に問題はない。様子を見ながら進めていく」と語った。

ラストインパクトがドバイ2競走に登録

昨年のジャパンC2着馬で、栗東・角居勝彦厩舎に転厩したラストインパクトが、ドバイ国際諸競走の2競走に登録したことが20日、明らかになった。
角居調教師は「ターフ、シーマクラシックの2つと聞いています。今後のローテーションは、選ばれるかどうかが分かってからですね」と語った。
現在は滋賀県のノーザンファームしがらきで放牧中。

リオンディーズ弥生賞で始動

昨年の朝日杯フューチュリティSをデビュー戦に続いて制し、JRA賞最優秀2歳牡馬に選ばれたリオンディーズが、弥生賞で始動することが20日、明らかになった。
現在は滋賀県のノーザンファームしがらきに放牧中。
角居勝彦調教師は「帰厩時期は馬の様子を見ながら決めていきます」と語った。

シルバーステート屈腱炎

未勝利戦と紫菊賞を連勝し、クラシック候補として注目されていたシルバーステートが、左前脚に屈腱炎を発症したことが21日、分かった。
同馬を所有するGIサラブレッドクラブがホームページで発表した。
復帰には1年以上かかる見込みで、藤原英昭調教師は「じっくり回復を待ちます。走る馬だし、うまく復帰させて、とことん上までいきたい」と話した。
23日に滋賀県のノーザンファームしがらきに放牧に出されており、その後、北海道安平町のノーザンファームに移動する。

ベルカントはドバイへ、アルビアーノは高松宮記念とヴィクトリアM

ベルカント来春ドバイ遠征へ

今年のサマースプリント王者で京阪杯4着のベルカントは、来年のドバイアルクォーツスプリントを目標にしていることが2日、分かった。
角田晃一調教師は「来年のドバイの1000mを使いたい。今後はシルクロードSを挟むか、一本で行くかです」と語った。

アルビアーノは高松宮記念とヴィクトリアM

マイルCS5着のアルビアーノは来春、高松宮記念とヴィクトリアマイルを目標にローテが組まれる。
放牧先の福島県にあるノーザンファーム天栄で1日に状態を確認した木村哲也調教師は「様子を見つつ、高松宮記念の前にステップレースを使うかどうかを考えたい。来年はGIを勝たなければいけないと思っています」と抱負を語った。

岩田康誠騎手が1300勝

岩田康誠騎手は11月28日、京都8Rで騎乗したラディカルが1着となり、JRA史上20人目、現役8人目の通算1300勝を達成した。
1999年11月7日の初騎乗以来、通算9771戦目での記録。
JRA重賞は2012年日本ダービー(ディープブリランテ)、同年ジャパンカップ(ジェンティルドンナ)などGI24勝を含む83勝。

≪岩田康誠騎手のコメント≫

「もっと早く達成したかったですが、しばらく勝てなかったので、きょうになってしまいました。
年間100勝はひとつの目標としていますので、先に1300勝を達成できましたが、次は『年間100勝』でこの場に立ちたいと思います。
先にミルコ・デムーロ騎手に年間100勝を達成されているので、自分自身はもっと頑張らなくちゃならないという気持ちもありますし、このような騎手たちと一緒にレースしていることを糧にして頑張っていきたいと思います。
これからも中央競馬を盛り上げていけるような騎手になりたいと思いますので、応援よろしくお願いします。」

加藤調教師が400勝、田中騎手が1万8000回騎乗

加藤征弘調教師が400勝

加藤征弘調教師は15日、東京3Rで管理するファイナルコールが1着となり、現役44人目のJRA通算400勝を達成した。
2002年3月3日の初出走から3539戦目での記録。
JRA重賞は、14日の武蔵野S(ノンコノユメ)など8勝。

≪加藤征弘調教師のコメント≫
「トミー・ベリー騎手の初勝利と自分の400勝達成が同じタイミングだったということで、喜びも倍になりました。
開業のときからたくさんの方々の支えがあり、その一つ一つの積み重ねで達成できたと思います」

田中勝春騎手が通算1万8000回騎乗

田中勝春騎手は15日、東京11Rでメイショウライナーに騎乗して史上5人目、現役4人目となるJRA通算1万8000回騎乗を達成した。
初騎乗は1989年3月4日(中京2Rチャンピオンミナミ6着)。

≪田中勝春騎手のコメント≫
「1万8000回も乗せてもらえて、とても感謝しています。
今後も体調管理に気をつけて騎乗を続けていきたいです」

福永祐一騎手が右肩の靭帯断裂で全治4ヵ月

10月31日の京都11Rで落馬負傷し、右局鎖関節脱臼、右鎖骨を剥離骨折した福永祐一騎手は3日、京都市内の病院で受けた精密検査の結果、全治4ヵ月と診断された。
脱臼した右局の靫帯が断裂しており、6日に手術を受けた。
今年、121勝で全国リーディングのトップを快走していたが、長期離脱することになった。

31日の京都11R・スワンSでローブティサージュに騎乗していたが、直線で前の馬に進路をカットされた際、その馬に触れて、バランスを崩して転倒し落馬。
右局鎖関節脱臼、右鎖骨剥離骨折と診断されたが、精密検査で右局の靫帯断裂、右胸骨骨折も新たに判明した。
6日に右局の手術を受け、全治は4ヵ月の見込み。
復帰時期は未定だが、おそらく来年3月あたりになりそうだ。

福永騎手の落馬負傷による戦線離脱は、今回で3度目。
1999年4月に中京競馬で本馬場入場後に落馬し、左腎臓を損傷し摘出手術を受けるなど、約3ヵ月の休養。
2009年12月には阪神競馬場で、ゲート内で落馬し、右ひじ関節を脱臼して損傷した靫帯の手術で約1ヵ月休養している。
今回が最も長い休養期間になる可能性がある。

福永騎手は「全治はあくまで見立てですし、手術の結果でどうなるかですね。ファンの方が心配してくださっている声を伝え聞いていますし、本当にありかたいこと。しづかり治して、復帰したいと思っています」と話した。

ディアデラマドレ、スイートサルサが登録抹消

ディアデラマドレが22日付で登録抹消となった。
通算16戦6勝、総獲得賞金1億8822万1000円。
重賞は2014年G2府中牝馬S、G3マーメイドステークス、G3愛知杯の3勝。
今年のG1宝塚記念6着が最後のレースとなった。
今後は北海道安平町のノーザンファームで繁殖馬となる予定。

また、今年のG3福島牝馬ステークスを勝ったスイートサルサが22日付で登録抹消。
通算19戦5勝(うち重賞1勝)、総獲得賞金1億3514万2000円。
今秋のG2府中牝馬ステークス7着がラストランとなった。
今後は北海道日高町のシンボリ牧場で繁殖馬となる予定。

有力馬の近況、ゴールドシップ、トーホウジャッカル、ミッキーアイル

ゴールドシップ帰厩

宝塚記念15着後、滋賀県の吉澤ステーブルWESTへ放牧に出ていたGI6勝馬ゴールドシップが10日、栗東トレセンに帰厩した。
今後のローテーションは未定だが、戦列に復帰する前に前走で課された発走調教再審査を受ける必要がある。

トーホウジャッカルは天皇賞・秋を自重

昨年の菊花賞馬で、札幌記念8着のトーホウジャッカルは、体調が整わないため、出走予定だった天皇賞・秋を自重する。
谷調教師は9日、「状態が上向いてこない。将来のある馬だし、無理はしたくない。今後についてはオーナーと相談して決めます」と話した。

ミッキーアイルが香港登録へ

昨年のNHKマイルC覇者で、スプリンターズS4着のミッキーアイルが、香港スプリントと香港マイルに登録することが9日、分かった。
陣営は香港スプリントを第1希望にしている。
音無調教師は「もし香港に選出されなければ阪神Cへ。ただ、選ばれないことが早い時期に分かれば、マイルCSに向かうと思う」と話した。

サマージョツキーズシリーズはM・デムーロ騎手が優勝

サマージョツキーズシリーズが13日、京成杯オータムH(第14戦)で終了し、37ポイントを獲得したミルコーデムーロ騎手が、2位の岩田康誠騎手に3ポイント差をつけてチャンピオンに輝いた。
優勝したデムーロ騎手には、報奨金100万円が贈られる。

≪ミルコ・デムーロ騎手のコメント≫

「セントウルSでの騎乗馬がなく、岩田騎手が1番人気の馬に騎乗していたので、チャンピオンになれるか心配でしたが、接戦を制することができてよかったです。
たくさんのいい馬に乗せてもらえて、いい結果を出すことができてうれしいです。
ファンの皆さんからいつも大きな声援をもらえてうれしいです。
秋競馬も頑張ります。」

藤田伸二騎手が引退

JRA史上8位、現役5位となる通算1918勝を挙げている藤田伸二騎手が6日、騎手免許の取消願を提出したとJRAが明らかにした。
JRAから正式に発表されるのは7日以降となるが、6日の札幌7Rが最後の騎乗となった。
引退セレモニーなどは行わない。

突然の幕引きだったが、藤田騎手は数年前から「引退」を意識させる発言をしていた。
ここ数年は騎乗数、勝利数とも減り、モチベーションの低下も著書の中で触れていた。
自分なりの引き際を模索していたようで、6日の最後の騎乗を終えると、JRAに免許取消願を提出し、事実上の引退となった

引退の意思を固めていたことはごく一部の親しい関係者にしか知らされておらず、一報を聞いた騎手や調教師の多くは驚きの表情を見せていた。

藤田騎手はインターネット上で「騎手人生に終止符を打つことに決めました。沢山のファンの皆様に応援して頂いたことは私の財産でもあり、感謝の気持ちで一杯です」などとメッセージを残した。

1991年にデビューし、39勝でJRA賞最多勝利新人騎手に輝いた。
96年にはフサイチコンコルドに騎乗し、24歳という若さでダービージョッキーの称号を得た。
その後は2002年から6年連続で年間100勝をマークするなど第一線で活躍。G1、4勝を挙げたトランセンドとのコンビで、11年ドバイワールドCで2着に入ったのは記憶に新しい。

フェアプレー賞受賞は19回と史上最多で、優秀騎手賞の受賞者のうち制裁を受けなかった騎手に与えられる「特別模範騎手賞」に04年、10年と2度輝いた唯一の騎手でもある。
その一方で、06年には飲食店でのトラブルがもとで「3ヵ月の騎乗停止」処分を受けたこともあった。
騎手以外でも才能を発揮し、数々の著作を発表。
「騎手の一分」はベストセラーになった。

JRA通算1万5271戦1918勝で、重賞はG1の17勝を含む93勝。
5日の札幌2Rのジョルジュサンタが最後の勝利だった。
北海道の馬産地・新冠出身で、数年前からは家族とともに札幌に移り住んでいた。
北海道シリーズの最後に個性派ジョッキーが、静かにステッキを置いた。

モレイラ、ターナー、藤田騎手がJRA初勝利

モレイラ騎手がJRA初勝利

ジョアン・モレイラ騎手は8月29日、札幌1Rで騎乗したスミレが1着となり、JRA初勝利を飾った。
2014年6月8日東京3Rの初騎乗以来、7戦目での達成。

≪ジョアンーモレイラ騎手のコメント≫
「本当に夢がかないました。
ブラジルの頃から雑誌等で日本の競馬を見ていて、縁があって騎乗することができまし
た。
騎乗を可能にしてくれた全ての関係者に感謝したいです。
良い馬にもたくさん騎乗させていただいているので、とにかくどんな馬でもベストを尽くします」

ターナー騎手がJRA初勝利

ヘイリー・ターナー騎手は8月30日、札幌12Rのワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)第4戦で騎乗したウインフェニックスが1着となり、JRA初勝利をマークした。
今回が初来日で、通算4戦目だった。
外国人の女性騎手としては、短期免許で来日した騎手を除くと、1990年12月1日に京都競馬で勝ったジュリー・クローン騎手以来の勝利。

≪ヘイリー・ターナー騎手のコメント≫
「天にも昇るような気持ちです。
調教師の指示通りいいスタートが切れたことと、馬が乗りやすかったのでいい結果が出せました。
これまでのWASJの3戦は思うようにいきませんでしたが、最後にひとつ勝てて本当にうれしいです」

藤田弘治騎手がJRA初勝利

藤田弘治騎手は8月29日、札幌9Rで騎乗したジューヴルエールが1着となり、JRA初勝利を飾った。
2013年8月24日の初騎乗以来、2戦目での勝利。

≪藤田弘治騎手のコメント≫
「本当にまさかです。
うれしいです。ありかたいです。
出入りの激しいレースでみんな厳しいなと思いました。
置いていかれそうだったので、内を回っていました。
ゴーサインを出してから反応が良かったので、ゴール前であと1頭、ギリギリいけるなと思いました。
WASJはまだあと3戦あるので、このまま逃げ切りたいです。
応援よろしくお願いします」