福永祐一騎手が1800勝、ルメール騎手が300勝

福永祐一騎手が1800勝

福永祐一騎手は23日、札幌7Rで騎乗したヴェネトが1着となり、史上10人目、現役6人目のJRA通算1800勝を達成した。
1996年3月2日の初騎乗以来、1万4372戦目での記録。
JRA重賞はG1を18勝を含む111勝。
23日現在、今年は94勝で全国リーディングトップに立っている。

≪福永祐一騎手のコメント≫

「きのうが終わってから、あとひとつと聞いていたので、なるべく早く達成したかったです。支えてくれた多くの人のおかげでここまで来られました。勝ったときだけでなく、負けたときでも温かく応援してくれる人がいるので、もっと応援しがいのある騎手になっていきたいと思います」

ルメール騎手が300勝

クリストフ・ルメール騎手は22日、札幌9Rで騎乗したヘルツフロイントが1着となり、現役46人目となるJRA通算300勝を達成した。
2002年12月7日の初騎乗以来、通算2272戦目での記録。
JRA重賞は21勝で、うちG1は5勝。

≪クリストフ・ルメール騎手のコメント≫

「とてもうれしいです。札幌競馬場はとてもいい競馬場ですね。来年もまた騎乗したいです」

WASJの出場騎手が決定、世界ランキング発表

WASJの出場騎手が決定

29、30日に札幌競馬場で行われる2015ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)の出場騎手が12日、JRAから発表された。
JRA7人、地方競馬から2人。
海外からは世界最多勝利記録を保持するベイズ騎手、トレヴで13、14年の凱旋門賞を制覇したジャルネ騎手、女性ジョッキーの第一人者ターナー騎手ら5人が招待され、計14人が参加。
2日間の計4レースでポイントを競う。

昨年まで秋の阪神や東京で実施されていたワールドスーパージョッキーズシリーズを改称。
今年からは個人戦に加えて、出場騎手を「JRA代表騎手チーム」と「外国騎手・地方競馬代表騎手チーム」に分け、チームの合計得点を競う対抗戦も行われる。

個人戦の優勝賞金は300万円。
補欠は関東が北村宏司騎手、関西が浜中俊騎手、地方がホッカイドウ競馬の宮崎光行騎手、岩手競馬の村上忍騎手。

世界ランキング発表

IFHA(国際競馬統括機関連盟)は14日、ロンジンワールドベストレースホースランキングを発表した。
今回は2015年1月1日から8月9日までに施行された世界の主要レースが対象。
トップはアメリカンフェイロー(米)の131ポンド。
米3冠達成後のハスケル招待Sで楽勝し、前回2位から1位に返り咲いた。
2位は前回1位の英ダービー馬ゴールデンホーン(英)。
キングジョージ出走を取りやめ、レーティングは前回と同じ130ポンドとなった。
日本馬ではドゥラメンテの121ポンドが最高で17位タイ。
ラブリーデイとゴールドシップが120ポンドで26位タイとなっている。

このブログを見ても競馬で勝てるようにはなりません。

このブログは競馬予想のためのブログではないので、見ても競馬で勝てるようにはなりません。

競馬の予想とは関係ないところの情報ばかりを書いていて、ちょっとだけ競馬に詳しくなれたりはするかもしれませんが、基本的にはどーでもいいことばかりです。

楽して競馬で勝ちたいのであれば競馬予想会社を利用するのが手っ取り早いのではないでしょうか?
その為にはまず、どの会社が良いのかを調べる為に競馬予想会社口コミを確認することが必須になります。
この部分に関してもここには、書かれいません。。

当ブログはそんな誰得?なブログです。

″馬券脱税事件″で最高裁が「外れ馬券は経費」と認める判決へ

30億円近い競馬の外れ馬券代が経費と認められるかどうかが争点になった脱税事件で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)が、弁論を開かないまま3月10日に判決を言い渡すと18日までに決めた。
経費と認めた1、2審の判断が確定するとみられる。

この事件は大阪市の元会社員の男性(41)が2007~09年にインターネットで28億7000万円分の馬券を購入し、総額30億1000万円の払戻金を得たが申告せず、5億7000万円を脱税したとして所得税法違反(単純無申告)の罪に問われていた。

結局、大阪地裁は脱税額を5000万円余りと認定し、懲役2月、執行猶予2年(求刑懲役1年)を言い渡した。
2審の大阪高裁もこの判断を支持した。

三浦皇成騎手が500勝、久保田貴士調教師が300勝

三浦皇成騎手が500勝

三浦皇成騎手は21日、東京12Rのサトノアルバトロスで1着となり、JRA通算500勝を達成した。
2008年3月1日中山1Rの初騎乗以来5755戦目での達成。
キャリア6年11ヵ月21日は、最速の武豊、加賀武見、浜中俊、福永洋一、田原成貴騎手に次いで6番目のスピード記録。
25歳2ヵ月3日は武豊、浜中俊に次いで3番目。
史上87人目、現役では30人目。重賞は9勝。

≪三浦皇成騎手のコメント≫
「500勝という数字よりも、一頭一頭任せられた馬で結果を出すことを考えていました。結果については率直にうれしく思いますし、関係者の方々に感謝したいと思います。500勝にリーチがかかってから待たせてしまいましたが、こうやって皆さんの前で結果を出せてうれしく思います。これからも一鞍一鞍大事に乗っていきたいと思います」

久保田貴士調教師が300勝

久保田貴土調教師は21日、東京6Rをシンボリタピットで優勝し、JRA通算300勝を達成した。
2003年3月9日中京1Rの初出走以来2765戦目での記録で、現役では72人目。重賞は5勝。

≪久保田貴士調教師のコメント≫
「ここまで馬主やスタッフ関係者の皆さまに支えられて区切りの勝利を挙げることができました。より一層、競馬に貢献できるように厩舎を盛り上げていきたいと思います。301勝目を目指してまた頑張ります」

スピルバーグ、ルージュバック、ポルトドートウィユの近況

スピルバーグ、産経大阪杯で始動

6月17日に行われる英GIプリンスオブウェールズSに遠征予定のスピルバーグが10日、放牧先のミホ分場からトレセンに帰厩。
渡英前のステップレースとして産経大阪杯で始動することになった。
引き続き、主戦の北村宏司騎手が騎乗する(英国での鞍上は未定)。

ルージュバック、桜花賞に直行

さらぎ賞を牝馬で51年ぶりに制して3戦3勝としたルージュバックが、桜花賞へ直
行することになった。
大竹調教師は「きさらぎ賞で3番手から競馬ができたし、距離がマイルになるのは不安がない。阪神の外回りは京都より直線が長いから、コース的には競馬がしやすいと思う」と無傷での戴冠に意欲を見せた。
同馬は11日に福島県のノーザンファーム天栄に放牧。
レースの数週間前に帰厩して、栗東には滞在しない予定。
大竹師は「直前輸送でもまったく問題なかったので、美浦で調整して向かうことになるでしょう」と語った。

ポルトドートウィユ、次走は若葉Sを予定

きさらぎ賞2着馬のポルトドートウィユは、皐月賞へのステップレースとして若葉Sに参戦する。
同馬を所有するサンデーサラブレッドクラブがホームページで明らかにした。

ステイゴールド、大動脈破裂で急死

2001年にGI香港ヴァーズを制し、種牡馬として3冠馬オルフェーヴルやGI5勝馬ゴールドシップなどの大物を次々と送り出してきたステイゴールドが5日、北海道苫小牧市の社台ホースクリニックで急死した。

この日の午後2時、今年初の種付けを、繋養先の北海道日高町にあるブリーダーズスタリオンステーションで行った。
その後、馬房に戻って30分ほどすると横たわり、脈拍が速くなったため獣医に診断を依頼。
原因が分からず、社台ホースクリニックに移送してエコー検査などを行ったが、このときは脚蹴りなどをしていつものステイゴールドらしい姿だったが、同所内の馬房に移って10分ほどすると息を引き取ったという。

「21歳になっていたとはいえ、昨年も122頭に種付けをしていたし、今年もいい子をたくさん出してくれると期待していたんですが…。スタッフー同、落胆しています」とサラブレッド・ブリーダーズークラブの今泉玄さんは突然のことに呆然とした様子だ。

6日に解剖検査を行った結果、死因は大動脈破裂。
600万円の高額な種付け料が示しているように馬産地での評価も高かった。
急死の影響は計り知れない。

マイネルホウオウ東京新聞杯へ初追い切り

2013年のGI・NHKマイルCを制覇し、続くダービー15着後に左前屈腱炎を発症して戦列を離れているマイネルホウオウが21日、復帰戦となる東京新聞杯に向けて美浦坂路で帰厩後初の追い切りを行った。
単走で4ハロン53秒9、ラスト1ハロン13秒0を計時。
畠山吉調教師は「成長分も含めて540キロ(ダービー時は488キロ)もあり、馬体に余裕はあるが、なんとか東京新聞杯に間に合わせたい」と語った。

ラキシスは宝塚記念目標に

昨年のエリザベス女王杯の勝ち馬で有馬記念6着後、放牧に出ているラキシスは、上半期の目標を宝塚記念に置いてレースを使っていく。
「ドバイ遠征は考えていないし、ヴィクトリアマイルは距離が短い気がします。体調面を見ながら、予定を決めていきたい」と角居調教師は語った。

戸崎圭太騎手、柴田善臣騎手が騎乗停止

戸崎圭太騎手が騎乗停止

戸崎圭太騎手は24日、中山9R・若竹賞で3位入線したエイムハイに騎乗し、最後の直線で外に斜行して4位入線したエミネスクの進路を狭くしたため、31日、2月1日の2日間騎乗停止となった。
なお、裁決委員はエミネスクに騎乗した田中勝騎手の進路の取り方にもリスクがあったと判断し、レースは到達順位通りに確定した。

柴田善臣騎手が騎乗停止

柴田善臣騎手は25日、中山5Rでスペキュロス(3着)に騎乗して最後の直線で外に斜行したことでコスモエルドール(15着)がつまずいたため、31日から2月8日まで騎乗停止となった(JRA開催4日間)。
同騎手は、2月1日のシルクロードSで予定していたセイコーライコウには乗れなくなった。