ゴールドシップ初時計

凱旋門賞14着のゴールドシップが4日、栗東トレセンで、国内復帰戦となる有馬記念に向けて、11月28日の帰厩以来初となる時計を出した。

坂路で一杯に追われるアグリッパーバイオ(1000万下)に馬なりでクビ差先着し、4ハロン53秒8-12秒9をマークした。
「軽い感じで上がってきた。まだスイッチは入れていないけど、具合は良さそうだね」と須貝調教師は話した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です