福永祐一騎手が1800勝、ルメール騎手が300勝

福永祐一騎手が1800勝

福永祐一騎手は23日、札幌7Rで騎乗したヴェネトが1着となり、史上10人目、現役6人目のJRA通算1800勝を達成した。
1996年3月2日の初騎乗以来、1万4372戦目での記録。
JRA重賞はG1を18勝を含む111勝。
23日現在、今年は94勝で全国リーディングトップに立っている。

≪福永祐一騎手のコメント≫

「きのうが終わってから、あとひとつと聞いていたので、なるべく早く達成したかったです。支えてくれた多くの人のおかげでここまで来られました。勝ったときだけでなく、負けたときでも温かく応援してくれる人がいるので、もっと応援しがいのある騎手になっていきたいと思います」

ルメール騎手が300勝

クリストフ・ルメール騎手は22日、札幌9Rで騎乗したヘルツフロイントが1着となり、現役46人目となるJRA通算300勝を達成した。
2002年12月7日の初騎乗以来、通算2272戦目での記録。
JRA重賞は21勝で、うちG1は5勝。

≪クリストフ・ルメール騎手のコメント≫

「とてもうれしいです。札幌競馬場はとてもいい競馬場ですね。来年もまた騎乗したいです」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です