モレイラ、ターナー、藤田騎手がJRA初勝利

モレイラ騎手がJRA初勝利

ジョアン・モレイラ騎手は8月29日、札幌1Rで騎乗したスミレが1着となり、JRA初勝利を飾った。
2014年6月8日東京3Rの初騎乗以来、7戦目での達成。

≪ジョアンーモレイラ騎手のコメント≫
「本当に夢がかないました。
ブラジルの頃から雑誌等で日本の競馬を見ていて、縁があって騎乗することができまし
た。
騎乗を可能にしてくれた全ての関係者に感謝したいです。
良い馬にもたくさん騎乗させていただいているので、とにかくどんな馬でもベストを尽くします」

ターナー騎手がJRA初勝利

ヘイリー・ターナー騎手は8月30日、札幌12Rのワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)第4戦で騎乗したウインフェニックスが1着となり、JRA初勝利をマークした。
今回が初来日で、通算4戦目だった。
外国人の女性騎手としては、短期免許で来日した騎手を除くと、1990年12月1日に京都競馬で勝ったジュリー・クローン騎手以来の勝利。

≪ヘイリー・ターナー騎手のコメント≫
「天にも昇るような気持ちです。
調教師の指示通りいいスタートが切れたことと、馬が乗りやすかったのでいい結果が出せました。
これまでのWASJの3戦は思うようにいきませんでしたが、最後にひとつ勝てて本当にうれしいです」

藤田弘治騎手がJRA初勝利

藤田弘治騎手は8月29日、札幌9Rで騎乗したジューヴルエールが1着となり、JRA初勝利を飾った。
2013年8月24日の初騎乗以来、2戦目での勝利。

≪藤田弘治騎手のコメント≫
「本当にまさかです。
うれしいです。ありかたいです。
出入りの激しいレースでみんな厳しいなと思いました。
置いていかれそうだったので、内を回っていました。
ゴーサインを出してから反応が良かったので、ゴール前であと1頭、ギリギリいけるなと思いました。
WASJはまだあと3戦あるので、このまま逃げ切りたいです。
応援よろしくお願いします」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です