サマージョツキーズシリーズはM・デムーロ騎手が優勝

サマージョツキーズシリーズが13日、京成杯オータムH(第14戦)で終了し、37ポイントを獲得したミルコーデムーロ騎手が、2位の岩田康誠騎手に3ポイント差をつけてチャンピオンに輝いた。
優勝したデムーロ騎手には、報奨金100万円が贈られる。

≪ミルコ・デムーロ騎手のコメント≫

「セントウルSでの騎乗馬がなく、岩田騎手が1番人気の馬に騎乗していたので、チャンピオンになれるか心配でしたが、接戦を制することができてよかったです。
たくさんのいい馬に乗せてもらえて、いい結果を出すことができてうれしいです。
ファンの皆さんからいつも大きな声援をもらえてうれしいです。
秋競馬も頑張ります。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です