加藤調教師が400勝、田中騎手が1万8000回騎乗

加藤征弘調教師が400勝

加藤征弘調教師は15日、東京3Rで管理するファイナルコールが1着となり、現役44人目のJRA通算400勝を達成した。
2002年3月3日の初出走から3539戦目での記録。
JRA重賞は、14日の武蔵野S(ノンコノユメ)など8勝。

≪加藤征弘調教師のコメント≫
「トミー・ベリー騎手の初勝利と自分の400勝達成が同じタイミングだったということで、喜びも倍になりました。
開業のときからたくさんの方々の支えがあり、その一つ一つの積み重ねで達成できたと思います」

田中勝春騎手が通算1万8000回騎乗

田中勝春騎手は15日、東京11Rでメイショウライナーに騎乗して史上5人目、現役4人目となるJRA通算1万8000回騎乗を達成した。
初騎乗は1989年3月4日(中京2Rチャンピオンミナミ6着)。

≪田中勝春騎手のコメント≫
「1万8000回も乗せてもらえて、とても感謝しています。
今後も体調管理に気をつけて騎乗を続けていきたいです」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です