ベルカントはドバイへ、アルビアーノは高松宮記念とヴィクトリアM

ベルカント来春ドバイ遠征へ

今年のサマースプリント王者で京阪杯4着のベルカントは、来年のドバイアルクォーツスプリントを目標にしていることが2日、分かった。
角田晃一調教師は「来年のドバイの1000mを使いたい。今後はシルクロードSを挟むか、一本で行くかです」と語った。

アルビアーノは高松宮記念とヴィクトリアM

マイルCS5着のアルビアーノは来春、高松宮記念とヴィクトリアマイルを目標にローテが組まれる。
放牧先の福島県にあるノーザンファーム天栄で1日に状態を確認した木村哲也調教師は「様子を見つつ、高松宮記念の前にステップレースを使うかどうかを考えたい。来年はGIを勝たなければいけないと思っています」と抱負を語った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です